授業後の風景

0
    4月から始まった今年度の九大研の授業も、半年間でだいぶ様子が変わってきたように思います。
    要因としては、生徒同士・生徒と講師が打ち解けてきたのが大きいでしょうか。
    皆、自分の意見を述べたり、解答を発表したりするなど、和気あいあいと授業に取り組んでいます。
    演習の場面では、目の前の問題にしっかり集中する様子も見られます。
    特に、中3・高3の授業は、入試に向けてピリリとした雰囲気で進められていますね。

    ところで、授業後の様子というのは学年によってかなりまちまちです。
    今年受験を控えていない生徒には、親御さんの迎えを待ちながらおしゃべりをしたり、白板に落書きをしたり、本を読んだりして過ごす人が少なくありません。勉強が終わったら、リラックスする時間に切り替えているようです。
    (もちろん、勉強が終わったらさっさと帰宅する人も結構います。)

    一方、受験生は皆、授業後にするべきことが終わると、サッと帰り支度をして帰宅します。
    私たち講師はその様子を見て、「切り替えが上手くて良いね!」とに言います。
    それはなぜか?
    授業後にダラダラ時間を過ごすこと無く帰宅するのは、時間の使い方が上手であることの表れだからです。

    ぜひ、この習慣を続けていってほしいな、と思います。


    おまけ  生徒が授業後にホワイトボードに書いた絵たち(10/31)

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode