川について −4−

0
    親子3人並んで横になるとき、それを「川」の字のようだと言うことがある。両親の間に幼い子どもが寝ている様子を、川の字にたとえてのことだ。しかし両親が揃っているとは限らない。シングルマザーの歌人に、次のような歌がある。

    ・子と我と「り」の字に眠る秋の夜のりりりるりりりあれは蟋蟀(こおろぎ)
    俵万智『オレがマリオ』

    親子2人ならば「り」の字のようだ、というわけだ。左が子どもで、右が親。左のはねから右の書き出しへのかすかだが、しかし確かな軌跡が、親と子のつながりを感じさせる。その「り」の発想からさらに、蟋蟀(こおろぎ)の鳴き声「りりりるりりり」へ展開したのはさすが、と言うべきだろう。
    ちなみに俵万智は、オノマトペの使い手としても有名。白菜は「うっふんうっふん」店先に並ぶし、行進の少女は「きびりきびり」と脚を動かす。これは、師事した佐佐木幸綱からの影響もあろう。幸綱の場合、「サキサキ」とセロリを噛んだり、川は「びんびん」と冷え緊まったりする。
    掲出歌は、最新歌集から引いた。第5歌集である。東日本大震災後、宮城から避難した石垣島での歌もたくさん収められている。「り」の左払いが、何となく子どもを包む形に見えて、それは愛情なのかもしれないが、時に、いつまでも子どもを離したくないという束縛にもつながる。
    安部公房は作中で「弱者への愛には、いつだって殺意が込められている」という旨の表現を使っているが、<殺意>というものをどのくらいのものとして受け止めるかによるとは言え、少なくともそういうことがあるってことだ。

    ところで、「り」の字からいろんなことを連想したが、いろんな形や状況があって、そこからできた漢字はたくさんある。「川」の場合、まさに川の流れる様子がそのまま漢字になった。このように、ものの形を象ってできた文字を、象形文字と呼ぶ。簡単な漢字だと、「山」「耳」「火」「竹」「花」などがそうだ。
    川には<流れ>がある。しかしそれはただ流れているわけではない。<型>=流れる場所があって、そこを流れている。この<流れ>と<型>が川の特徴だと言ってもいいだろう。<型>は長い時間の中で、自身の<流れ>によって形を変える。けれども<型>が少しくらい変わったところで違う川になることはない。その存在感ゆえのことだろうか、あるいは、長い時間をかけてゆるやかに変化するからだろうか。
    そういえば人間だって、絶えず細胞分裂、新陳代謝を繰り返している。だからと言って「今のこの自分は、一瞬前の自分とは違う人間だ。」ということにはならない。まあだいたいのものは次の瞬間には少し変化しているのであって、その変化の総体が<型>を作っている。その<型>を作る変化のことを、「川」に準えて<流れ>と呼ぶことにすれば、<流れ>というものがいっそう豊かになるような気がして、またしばらく考えてみたいと思う。

    (つづく・数学科 山下翔)

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode